Hiroです。

 

さて、最近はせどり関連でもヤフオクやAmazon以外で急上昇してきてるメルカリが注目度が高いですね。


そんな話題のメルカリを使った在宅ワークのノウハウということでちょっと取り上げてみたいと思います。

 

メルカリ在宅ワーク(加藤元気)

 

merukari01

 

メルカリ在宅ワークの内容と信用性は?


まあ、セールスレターの雰囲気はよくありがちな健全そうなイメージですが、ヘッドコピーの「140万円を稼いだ」というのがちょっと怪しいっぽい感じではありますね。

ビジネス未経験の奥さんと夫婦で稼いだということですけど、たぶん、これって”利益”ではなくて、”売上”なんじゃないかな?


これって自慢気なアフィリエイターや販売者とかがよく使いがちなカラクリなんですけどそもそも”売上”と”利益”はその意味がまったく違いますからね。


正直言って物販や転売ビジネス系での”売上”はそりゃそれくらいなりますよって数次ですし、そのだいたい15%とか25%とかそんな感じが実質的な利益と言ってもおかしくありませんから、まあだいたい100万、200万円売り上げてもそれでも利益にしてみると「え?そんなもんなの?」っていうことはよくあることだと思います。

 

メルカリ在宅ワークはどれくらい稼げる?


まずひとつポイントとして知っておくことがありますが、私も以前にリサーチのつもりでメルカリを使ったことがありますが、そこで感じたことは、メルカリはヤフオクよりはどちらかというとモバオクに近いユーザー層だということです。何が言いたいかというと「利用者の質があまり良くない」っていうことです。


モバオクを利用したことがある人ならわかると思いますが、例えば売った後のやりとりひとつにしても、ヤフオクなんかはきちんとした人が比較的多いのに対してモバオクではちょっと雑というか、悪く言えば「適当」な人が多いんです。メルカリもそんな感じがします。まあそれだけ商売してない”素人”が多いということにもなるのである意味ではメルカリが転売の穴場である理由でもあるんですけどね。


ただ、いちいち督促しないと振り込んでこない人とか、あとは落札してもシカトスルーしたりする人がやたら多い印象があるので、このメルカリ転売だけでもし仮に100万も200万も売るって考えたらそれだけでかなりの仕事量になるはずだし、考えただけでゾッとしますね。


もちろん、月のお小遣い程度、5万、10万円くらいを空いた時間だけでコツコツと稼ぎたいという人にはいいかもしれませんが、本気で稼ぎたいという人にはメルカリだけでの転売ビジネスはあまりオススメではありません。


もし転売系でビジネスを考えているのであればどちらかということ、コレかコレのほうが断然オススメできますね。ただ、メルカリ市場についてはまだ今後も拡大していくものではあると思いますので今後も時々関連教材を取り上げてみたいと思っています。